だらだらミトン通信

アメリカ生活の記録、主に病気関係

お得な旅行の話

病気のことばかりでは気がめいるので、アメリカのお得な話など。

 

我が家は息子をはじめサイエンスミュージアムが好きなのですが、近くの博物館のメンバーになっておくと、他のミュージアムに無料や割引で入れるのです。他にもミュージアムショップが割引で買えるのでサイエンス好きな子や冬場室内で遊べる場所としてメンバーになっておくとくと休日予定なくて困った時に気軽に行けます。

 

提携先は↓のASTCで旅行前にチェック。

自宅&メンバーのミュージアムから90マイル離れた場合のみに適用ですが、旅行中私は美術館をゆっくり見たいときとか子供はサイエンスミュージアムなどで楽しんでもらってます。

 

http://www.astc.org

 

二年間はハンズオンのミュージアムのメンバーになりました。そこは入場料がかかるのでそこに二回行けばすぐ元は取れるし、旅行先のミュージアムも何ヶ所か無料で行ってきました。

家族で70ドルくらいだったはず。 

 

今年は大学の博物館に100ドルの寄付をしました。

そこのプラネタリウムの無料券が4枚ついて、今回はASTCのほかROAMのミュージアムも無料で行けます。ROAMは近くのアートミュージアムも無料で行けるらしいので平日に一人のんびり回ってみたいと思います。

 

https://sites.google.com/site/roammuseums/home/list-of-roam-museums

 

サンクスギビングの旅行でボストンのサイエンスオブミュージアムに家族五人で行ったのでもうこれだけで100ドル分は浮いて元は取れました。

 

また、私と娘はボストン美術館のあとにサイエンスオブミュージアムに行ったのですが、ボストン美術館はウィークエンドは子供無料かつ、大人も10日以内ならチケット提示で再入場可能と言われました。駆け足で回ったので時間があれば2日かけて美術館に行きたかった。

浮世絵が充実していました。

 

 

広告を非表示にする

脳波検査その後

脳波検査の翌日には一応メールで結果が出たときたものの、見れずかかりつけにメールするとなんとも微妙な返し。

てんかんの気はないもののなにか見つかったぽい。

 

ということでモヤモヤしたまま迎えた脳神経科の診察日。

ドクターの名前からしてインド系で不安だったけれど分かりやすい説明かつ優しそうな人でホッとする。

 

なんで来たかの説明の後息子にインタビュー。

やはりてんかんの脳波はキャッチできなかったけれど、右側頭部に電波の弱いところがあり気になるので今度MRIすることになりました。

 

三歳の時に判明したくも膜のう胞の影響(多分右側)かもしれないし違うかもしれない。

意識喪失の症状もあるし。

またせっかくなので日本で相談した発達障害のことも相談してみると、振る舞い相談?を紹介してもらいました。また学校にも一応、不安感からフリーズしたりすることもありますとの手紙を書いてもらいました。

 

学校に送ったついでにオフィスに出すとセクレタリーの方がうちの娘もあなたと一緒なことはあるわ。もし不安なこととかあればいつでもオフィスにおいでと言ってくださりました。

 

中学に入ってだいぶ落ち着いている感じだけど、担任制ではないので情報が入ってないからかもしれない恐れもあり。

英語の先生からは学年はじめに態度に問題があると言われたけれど本人は英語もそれなりに分かり授業もついていってるし、不真面目な態度はとってるという自覚ないらしく。でも、周りにふざけてると思われたりして不利益を被る恐れもあるし。簡単な手紙だけどついでに相談できて助かりました。

 

さて、MRIの予約はいつになるかな?

 

広告を非表示にする

いざ、脳波検査

学校を早退してかかりつけ医と同じ系列の近所の総合病院へ。

 

神経科の検査技師の方に連れられ検査室へ。

部屋に開く通路で、寝たりするのか聞いたら、寝られるようなら寝てもらうけど、昨日は寝かせないようにした?と聞かれる。

学校もあるし普通に寝かせました。

 

ベッドもある個室で息子はリクライニングチェアーに座るように指示される。

 

検査の様子はビデオでもとっていると説明を受け、頭を測定され。マークをつけられたり、頭皮に薬塗られながら息子の頭に次々とカラフルな電極がつなげられる。

 

つけ終ると、以前したような呼吸を荒くするテスト。3分間。そして次は目の近くでピカピカ点滅するライトを当てるテスト。目はつぶっていていいけれど、至近距離からかなり明るいライト。最初はゆっくり徐々に早く。

そして次は目を瞑ってリラックスするように。寝られるなら寝てもらってもと。20分の間に息子寝ました。

 

それでテストは終了。

ネットのアプリに今夜か明日中に結果は出しますとのこと。

 

ちょっと昼寝してスッキリの息子。

私は薄暗い部屋で眠かったけどさすがに寝れず。

さて、どうでるだろうか?

広告を非表示にする

てんかん?からの脳波検査

夏休みに実家に帰省中、母に子供達を見てもらうことが多かった。そして、母がもしかしたら息子はてんかんかもしれないと言われた。

アスペルガースペクトラムだとてんかんの割合も普通よりは高く、息子の症状を見ると欠伸てんかんといって、1日に何回か数秒程度倒れるわけではないが意識消失をするてんかんに似ているとのことだった。

 

確かに呼んでも返事がないとか、聞いてるのか聞いてないのか分からない!ということは多い。でも、私の感覚だとアスペルガースペクトラムの過集中、注意欠陥な感じだと思っていた。

 

心配する母をよそになんか他に集中してただけじゃないの?と、母の言うことを間に受けなかったのだが、友達の家に行ってる時にソレがやってきた。

 

それまで普通に、誰か将棋指さない?と並べながら話していたのに急に一点を見つめて電池が切れたようになったのだ。名前を呼んで肩を叩いても動かない。実質20秒あるかないかというくらいでハッと意識は戻ったのですが、普通ではなかった。はじめてのことだった。

 

息子は三歳の時に頭を打って吐いたことがあり、その時の救急で、MRIをした時にゴルフボール大のくも膜嚢胞があると言われて、医者にはMRIが広まって発見されることが増えたけれど、大概は一生なんの悪さもなく終わるもので、もし麻痺とか何か症状が出たら来てくださいと言われていた。それもあり、急いで次の日市民病院の小児科に行ってみた。

症状を聞くと脳波検査などした方がいいと思うけれど帰国が迫っているのでアメリカで脳波検査などをした方がいいでしょうね。と言われました。また、てんかんとくも膜嚢胞は関係性はないらしい。

 

そして、アメリカに帰り早速かかりつけ医の予約をした。

症状のこと、くも膜嚢胞のこと、他にも夜驚気味で寝言が多いことなどを伝えた。

先生は呼吸を1分間ほど荒くするように言ったり、目にライトを当てたりしててんかんが誘発されるかをみていた。その時は何もなかったけれど、気になるようなら脳波検査(EEG)をオーダーしましょうという流れになりました。

 

息子に私が見た時のことを話しても覚えてるいるわけもなく。さて、どうなるのやら。

予防的卵巣摘出

病院の乳がん専門のところに行ってきました。

 

分かりにくかったら電話通訳頼めばいいやと思っていたけれど分かりやすい英語でした。

ほっ。

 

男性の先生だったからか、何もしないけど部屋に女性が一緒にいました。そこらへんはアメリカ。

 

前回のカウンセラーの話と同じようなリスクの説明と6ヶ月に一度の検査の説明。

そして予防的に卵巣摘出はどうかと言われました。

 

薬や乳摘出で予防する方法もあるけど、私の場合はオススメじゃなく卵巣摘出でリスクを減らす方向で考えています。近親者と相談して下さいとのことでした。

 

すでに10年ほど前に左は頸捻転で摘出済みなのですが、なくなるとなると副作用?などもあるだろうし、その情報を教えて下さいとお願いしました。

 

もう子どもも考えてないし、遅かれ早かれ更年期は来るし、ガンになるよりはすぐにでもとってしまいたいけれど、とりあえず相談してみないと。

 

一月にMRI検査の予定です。

 

また、診察前に話したナースさんとの雑談で主婦だというと、日本で何してたの?やりたいことはないの?と言われました。英語に問題あるし働くのは難しいと応えると彼女もアルメニアから来てナースの学校行ったのって。同僚の方もまったく英語話せない状態できて、学校に4年間通い今は働いてるわよって。

予定だともう折り返し地点だし英語がんばろ。と思ってるけど、彼女たちのレベルに達するまでに私はどれほどかかるのだろうか?努力も足りないだろうけど。

今年はもうちっと頑張りたいと思うけれど、会社からの英会話補助もなくなったしなぁ。なるべく話す機会を作って頑張りたいものです。

広告を非表示にする

日本で初マンモ

夏休みに2年ぶりの日本。

 

検診も受けれるので、マンモと超音波を追加してきました。

 

はじめてのマンモ。

ガンだったらと心配する気持ちと痛いと聞いていたので恐る恐る検査室へ。

検査技師の方も痛かったら無理せずに痛いと言ってくださいね。と言われたので緊張。

 

上半身裸かで透明な板によいしょ。と乳を乗せられ、徐々に潰される。

予想より痛くなかったので良かったが、なんか潰された乳が新鮮でとても間抜けな姿でした。

 

帰国した後に結果は届いたので実家の人にスキャンして送ってもらう。エコーで石灰化が指摘されたが、マンモ、触診共に異常なしとのことで一安心。

 

他の尿と血液の検査のが引っかかっておりました。とりあえず、お酒の量を減らしています。

広告を非表示にする

ガンから生き残ること

若年性乳ガンを克服した人の話。

ガンがその人の全てではないことを、力強く行き続けることで見せてくれる。

儚いものが尊いことにはならない。

 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52200

 

同じサイトには表中治療ではないニノジュースのマルチレベルマーケティング推しの人のも出てくる。

 

義理の両親は本人の意思で標準治療に頼らず抗ガン剤治療することなく習字で書いた標語(マクロファージや笑うとか)を部屋に貼ったり、健康食品やマクロビ、ニンジンジュースなどを取り入れていた。

 

標語治療をしておけばもっと行きて孫たちの成長を見れたのではと思わなくもないけれど本人達は素晴らしい人だし、彼らの信じてた生き方なので尊重はしたい。でも、自分の子供達ならやめろというと思う。

マクロファージという言葉はノーベル賞を取る前に義父から概念は教わった。ただ義父のいうマクロファージとノーベル賞のマクロファージは少し違う気がする。気合いで治る病気と治らない。酷くなる病気はあると思う。

 

私はガンと診断された時にどうなるのか。

標語治療をするけど、レメディとかも一時帰国調べたらしたくらいなので色んな健康法を試したりするのかな。寄ってくる人もいるんだろうな。