だらだらミトン通信

アレルギーとアスペルガースペクトラムっ子とのダラダラアメリカ生活

相談して良かった!

リタリコ発達ナビの記事

 

ユニークな息子、バンザイ!子育てへの自信が戻ってきた理由 https://h-navi.jp/column/article/243 #発達ナビ

 

を読んで、学校からは指摘しないとモヤモヤしてた日々を思い出した。

 

毎年先生たちに泣きますね。と夏休み前の面談で言われ、発達障害とかどうなんでしょうね?と聞いたけれど担任からはそうですかね〜という感じでした。

 

家で泣いたり固まることも多く、野球のコーチとなったダンナから毎週末責められ、固まって泣いて余計怒られる姿を見る、そして私対ダンナのケンカに発展する週末が辛くてスクールカウンセラーに相談した。

 

そこから、学校での様子を療育センターのコーディネーターの方にみてもらったり、相談し、そこの精神科医にも会いテストを受けることになった。

 

結果を見て、薄々は気づいていたことが確信となり私はホッとした。これを理由にダンナにもう少しマイルドな対応をお願いできるからだ。

 

ダンナは多少はマイルドになった気がする。

相変わらず発達障害の本とかは読む気はないらしいけど、会社の同じように発達障害の子を持つ同僚と話したりとか少しは理解をしようとはしている。

 

社会は厳しいからと厳しい姿勢で接しているが。赴任して野球のコーチから離れたのも大きいけれど、和やかな週末が戻ってホッとしている。

 

未だに私と息子に対する怒り方(すぐ大声を出すし、全否定するのはやめてもらいたい)でケンカしてそれを見て息子は傷ついているんだけど。

なるべくケンカはしないようにしてるんだけど、難しい。

 

子育てで自分のせいかと悩んでるなら相談だけでもしたらいいと私も思う。診断を受けたとしてもその子の個性と捉えて対応できるし。

 

もっと早くスクールカウンセラーに相談しておけばと思うこともあるけれど、相談せず、グダグダ悩むより相談して良かったと思う。